運営 一級建築士 宮地亘
 
 
Blog Summary Widget
これまでの日記を見るakaibu.html
手の届く家
   設計日記
RSS 配信を登録
メニュー
{手の届く家」ってこんな家

わが家に暮らして10年チョット経っています。現在家族もふたり増えて4人ですが、家の大きさは、1・2階の床面積を合計すると24坪その中に仕事部屋も含まれています。

そんな小さな家の場合、当然ながらモノを置くスペースも大きいわけじゃないので、本当に好きなモノだけに厳選したり、データ化出来るものは可能な限りデジタル化したりと、工夫も絶えません。

しかし、そうやって工夫しながらのミニマルな暮らしも結構楽しくて、こんなふうに暮らしていると家の大きさってこのくらいでも良いんじゃないかな?と思えてきました。

そこで、思いついたのが


「手の届く家」


手を広げちゃえばすぐに届きそうな小さな家。


小さくても楽しい暮らしへのこだわりは妥協しません。


そして小さくして価格も抑えて価格面でも


「手の届く家」


小さい家ですが、仮住まいの小屋ではありません。


個室が必要になれば、増築も可能な計画です。


もちろん最初から個室を追加することも可能です。