メニュー
おうちやとは?
 

「おうちや」とは、宮地亘設計事務所のホームページの名前で設計ポリシーそのものです。家具や家電、雑貨などの小物から家まで、暮らしに関わることすべてを提案する、まちの「おうちや」さんというイメージです。

暮らしていて楽しいこと

くつろぐ空間が楽しいことはもちろん、イヤになりそうな作業も楽しくさせるような家が理想だと思います。例えば、洗濯物を干したり、料理の後片づけなどの毎日の家事も、お気に入りの道具や気持ちの良い空間であれば楽しくこなせるのではないでしょうか?そんな家をご提案します。

奇抜なデザインや、緊張して暮らすような家は好きじゃないです。ふつうに、こたつに入ってミカンを食べたり、ふつうに本でも読みながらコーヒーでも飲みたい。そんな「ふつう」の家での暮らしも、陽射しや風が気持ちいい空間にしたり、素材や細部にこだわることで「ちょといいふつう」の家になると思います。そんな家をつくりたいと思っています。

ちょっといいふつうの家

例えばリノベーションでは既存の住宅を違った視点で見て、新たな価値を発見してカタチにする。また、普段建築で使わないような革素材をドアの取手に使用するなど、いろいろなモノを自由な発想でながめ、家づくりに採用しています。

30歳の時に、小さな敷地に小さな家を建てました。わからない事だらけで不安な気持ちやモノを選んでいるときの楽しさもすべて経験しました。そうやってつくりあげた家に10年以上暮らしている経験を活かして家づくりをしています。

私も建主で、つくった家に暮らしています
違った視点でモノを見る